種まきのたとえ2~リビングストーン教会聖書勉強~

リビングストーン教会聖書勉強

12 種蒔きのたとえ(2)

マルコによる福音書4:18-25

前回に続いて、種蒔きのたとえを学ぼうとしています。教会の中には、このたとえに示されている4つのタイプの人がいます。その中でいばらのような心を持っている人が一番多いと思います。これはまことに深刻な問題です。それは、教会が命を失い、そこに属している人々がただ形式的な信仰生活をしていく悲劇的状況が始まる兆候が見られるからです。一日も早く、教会は良い地を作る運動を始めなくてはなりません。この運動はここに集まった私たちから始めなければならないでしょう。

  1. いばらの中に蒔かれた種は、霊的にどのようなことを意味しているのか説明してください(18,19)。
  2. 「いばら」は何をたとえていますか。
  3. 「いばら」のような心を持っている人が、御言葉を聞くときにはよい面も悪い面もあります。どういう点が良く、どういう点が悪いですか。
  4. 「世の心遣い」や「富の惑わし」はどうして御言葉の実を結ばせないように邪魔をするのですか(ルカ21:34、Ⅰヨハネ2:15-16)。
  5. ここで、「実」とは、何をさしていると思いますか(ルカ8:15)。
  6. 御言葉を聞くだけで、行わない人の結果はどうなりますか(マタイ7:24-27、ヤコブ2:17)。
  7. 「いばらの中」を学びながら、自分の心が少しでもそれに似ている事に気がついたら、その事を正直に話し合いましょう。
  8. よい地に蒔かれた種は、前に出た3つの土地に蒔かれた場合と比べて、どのような危険がないのでしょうか。
  9. どうしたら、「よい地」のような心を持つ事が出来るでしょうか(ルカ3:8-9)。
  10. 私たちが、従順の実をたくさん結ぼうとすれば、御言葉を聞くときどのようなことに注意しなければならないでしょうか(マタイ13:23、Ⅰコリント2:14)
  11. あなたが御言葉を受け入れるときとそうでないときには、どこにその違いがありますか。そして、その結果生活にはどのような違いがでてきますか。
  12. 「明かり」のたとえについて説明してください。
  13. 主イエスがこの世に来られて、御言葉を教えられたのは、人々の目に隠されていた真理を「明かり」のように照らし出すところにその目的がありました。ですから、真理の御言葉を学ぶ人は、正しい心を持たなければなりません。このことを4:24-25では、どのように教えていますか。
  14. 自分の心の態度が間違っているために、すでに持っている御言葉までも奪われてしまった事があれば、具体的な例を挙げて説明してみてください。
  15. 今日の学びでいちばん教えられた事はどのようなことですか。
カテゴリー: 未分類 | コメントする

種まきの例え1~リビングストーン教会聖書勉強~

リビングストーン教会聖書勉強

11 種蒔きのたとえ(1)

マルコによる福音書4:1-17

主イエスが、真理を語られるにあたって、いちばんよく使われたのは「たとえ」でした。「たとえ」というのは、霊的真理を教えるとき、それとよく似ているこの地上の事柄で説明するものです。私たちは、種蒔きのたとえを学びながら、私たちが教えられなければならないこと、また直さなければならないことを、そこから発見しなければなりません。またそのたとえは、私たちの信仰生活の隠されている問題点を鋭く指摘してくれます。ですから、この鋭い指摘から逃れられる人は誰もいないでしょう。

  1. 種蒔きのたとえの内容をわかりやすく説明してみましょう(3-8)。
  2. 多くの群衆がいなくなったとき、弟子たちがイエスに何を質問しましたか。(10)。
  3. 弟子たちは、真理を学ぶことについて、主についてくる多くの群衆より有利な立場にいました。何故でしょうか(10:33-34)。
  4. 群衆には、たとえの奥義が知らされませんでした。なぜでしょうか(11-12)。
  5. あなたは弟子ですか。それとも群衆ですか。どうしてそうであると言えますか。
  6. 「御言葉が道端に蒔かれた」というのは、何を意味していますか(14-15)。
  7. 何が「道端」のような心であると思いますか(マルコ3:5、ローマ11:25)。
  8. サタン(悪魔)が、御言葉を持ち去ってしまうとは、どういうことですか。それぞれ自分の経験を話してみましょう。そして、どんな時にこのような試みがありますか。
  9. 「御言葉が岩地に蒔かれた」ということはどういうことですか(16-17)。
  10. ここで言われている「岩地」とは、ちょっと見るとよい土に覆われているように見えますが、そのすぐ下には岩があるわけです。どんな人の心がこれに似ていますか
  11. 「岩地」のような心を持っている人の信仰は、いつまでもその正体が明らかにはならないでしょうか(17)。
  12. 「すぐ喜んで受け入れる」ことと「根がない」ことはどういう意味ですか。(Ⅱテモテ3:14)
  13. あなたは、御言葉を学び、御言葉から教えられる着実な信仰生活よりも、感情に訴える信仰生活に傾く傾向はありませんか。もしあれば、なぜそれが危険なのかを考えてみましょう。
カテゴリー: 未分類 | コメントする

主イエスとその家族~リビングストーン教会聖書勉強~

リビングストーン教会聖書勉強

10 主イエスとその家族

マルコによる福音書3:20-35

主イエスがこの世で働きをしておられる間、主を理解した人はどれくらいいたでしょうか。主の肉親でさえも理解してくれていなかったようですから、主は孤独であられただろうと思います。主の名声が高まり、多くの人々が主に従ってきても、主イエスの肉親は、どうも最後まで冷ややかであったようです。それだけでなく、主のことをまともな人としては見ていなかったようです。今日でも、神の働きのために献身する人は、主が味わわれたのと同じような孤独を経験することがしばしばあります。ある意味では、この孤独を知る事なしに、神に従う人生を歩む事はできないともいえるでしょう。

  1. 神の御心にしたがって生きて行く人には、ほとんど余暇というものがありません。遊びながら主の働きをする事はできないのです。どのようなところからそのことがわかりますか(20)。
  2. 律法学者たちは、主イエスをどのように非難しましたか。それはどのようなことを意味していますか(22)。
  3. 主イエスは、彼らの非難に対して4つのたとえで反論しておられます。そのなかの3つのたとえを説明してください(24-26)。
  4. これらのたとえで教えておられる要点は何でしょうか。
  5. 教会と家庭にこの御言葉の原理を説明するとき、私たちが学ばなければならない真理は何でしょうか(ヨハネ17:11、エフェソ4:3、5:21)。
  6. 主イエスが4番目に取り上げられたたとえは何ですか。それは、何を教えていますか(27)。
  7. 神の子とされた私たちに、この原理を適用したらどうなりますか(ヨハネ10:28-29、Ⅰヨハネ5:18)。
  8. 律法学者たちの立場を念頭において、聖書を汚す罪が何であるか考えてみてください(29,30)。
  9. 私たちがこのような罪に陥る危険性はありませんか。
  10. 主イエスの家族は、主に対して何をしようとしましたか(21,31)
  11. 主イエスの家族は、どのような点で主の行動が理解できなかったのでしょうか。
    ・家庭と職業    ・主の爆発的な人気    ・ユダヤ教当局者との摩擦
  12. あなたの周りに、主の働きのために献身している人がいますか。あなたは、最初その人をどのように見ていましたか。
  13. 3:34-35をそれぞれ自分の言葉で説明してみてください。
  14. あなたは主の兄弟・姉妹ですか。
カテゴリー: 未分類 | コメントする

12弟子の選任~リビングストーン教会聖書勉強~

リビングストーン教会聖書勉強

9 12弟子の選任

マルコによる福音書3:7-19

主イエスの人気は、時がたつにつれて次第に爆発的になり、ユダヤ人の歴史でこれほどの人が集まったということはありませんでした。主はその多くの人々の中から12人の特別な弟子を選ばれました。主はどうして彼らを特別な弟子として選任されたのでしょうか。その弟子たちが受けた特権は、何であり、どんな点で今日の私たちとは違うのでしょうか。

1. 主イエスの人気は絶頂に達していました。地図を開き、どれほど遠くから人々が主の所に来ていたかを調べてみてください(7,8)。

2. 大勢の人々が押寄せてこないように、主イエスはどのようなことをされましたか。そして、次に何をしておられますか(9,マタイ13:2-3)。

3. 主イエスは山に登られてから何をされましたか(13)。

4. 主イエスは、「ご自分のお望みになる者たち」を弟子として選ばれたということから、あなたはどのようなことを考えることができますか(ヨハネ13:1、15:16)。

5. 主イエスにとって、特別な弟子たちを選任することは極めて重大なことでした。どういうことからそのことがわかりますか(ルカ6:12-13)。

6. 12弟子を選任された理由を3つ挙げてください(14,15)。

7. 12弟子たちの名前を整理してください。そして、弟子たちを3つのグループに分けてみてください(マタイ10:2-4)。

8. 12弟子たちはごく普通の人々で、ある意味においては資格に欠けた人々でした。どうしてそのようにいうことができるでしょうか。

・漁師たち ・取税人  ・雷の子(ルカ9:54) ・熱心な党員(右翼) ・イスカリオテのユダ

9. そのような事実から、私たちはどのような事を教えられますか(Ⅰコリント1:26-29)。

10. 主が12弟子を選ばれ、3年間彼らを訓練された目的は何だったでしょうか。次の箇所を参考にしながら答えてください。

・マタイ4:19(マルコ16:15)   ・エフェソ2:20

11. 12弟子がどのような最期を遂げたかということについては、聖書はヤコブとイスカリオテのユダについてのみ記しています。しかし、伝説によると、ヨハネを除き他の弟子たちはすべて福音を宣べ伝えながら殉教していったと言われています。彼らは自分達のようなつまらない者を選び、大切な働きに任じてくださった主イエスの期待と御心に答えたということができるでしょう。あなたもそのように歩みたくはありませんか。一緒に話しあってみましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

安息日論争~リビングストーン教会聖書勉強~

リビングストーン教会聖書勉強

8安息日論争

マルコによる福音書2:23-3:6

安息日をどのように守るのが正しいのかについて、主イエスとユダヤ教指導者たちの間にしばしば衝突がありました。今日私たちが学ぶ箇所は、安息日についての論争がどのようにして起こり、論争の確信は何であったかについてよく説明しています。当時主イエスが安息日について教えられた教えはあまりにも革命的であったので、人々は主を殺そうとせずにはいられないほどでした。

1. 弟子たちは安息日に何をしましたか(23、参考:ルカ6:1)。

2. それに対するパリサイ人たちの反応はどのようなものでしたか(24)。

3. 主イエスは安息日に会堂で片手の萎えた人を癒されましたが、そのときパリサイ人た

ちの反応はどうでしたか(3:5-6)。

4. 今まで見てきたように、パリサイ人たちは主イエスのなさることに強い拒否反応を示

しました。その理由は何だと思いますか(24、参考:ヨハネ5:10)。

5. 当時のユダヤ人たちは、人が決めた安息日の細則を守っていました。その中には安息

日にしてはいけないことが39か条で明示されています。麦の穂を摘んで食べることも

、病人が自分の床をたたんで歩くことも、この細則によって解釈したわけです。主イ

エスは、彼らの考え方を正しくないと見なされました。次の箇所でその理由を考えてみましょう(マルコ7:8-9、11- 13)。

6. 私たちが信仰生活をしていく中で、これと似通った過ちを犯す危険性はありませんか。よい例があれば話してください。

7. 弟子たちのしたことが間違っていないことを示すために、主はどのようなことを霊として取り上げておられますか(25-26、参考:Ⅰサムエル21:1-6)。

8. 主イエスが教えようとされた真理の核心はどこにありましたか。それは安息日にはいくらでも働いてよいということでしょうか。

9. 2:27の御言葉を一人一人わかりやすい言葉で整理してください。そしてマタイ12:11-

12と比較しながら、今学んでいる箇所の中心がどこにあるのか話してください。

10. 主イエスの安息日に対する解釈が、なぜパリサイ人の解釈より権威があるのでしょうか。2:28からその理由を考えてみましょう。

11. 私たちにとって、日曜日は安息日なのでしょうか。日曜日を主の復活の日、つまり「主の日」として礼拝するのはどうしてですか。安息日は今も存続しているのでしょうか。終わったのでしょうか(コロサイ2:16-17)。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

罪人を招く為に来られたイエス~リビングストーン教会聖書勉強~

リビングストーン教会聖書勉強

7罪人を招くために来られたイエス

マルコによる福音書2:13-22

主イエスは、レビ(マタイ)を弟子とされ、レビが自分の家に主や友達を迎えたとき、主は御自分がこの世に来られた目的を語られました。主は罪人のレビを招かれたように、世の罪人たちを招いて救うために来られました。ですから、自分が罪人であると認め、救い主を待ち望んでいる人に主イエスは喜びと希望を与えてくださいます。そういう喜びと希望に満ちた新しい時代が確かにやってきたのです。

1. 湖のほとりで教えておられた主イエスは、そこで何をされましたか(13-14)。

2. 主イエスがレビに「私についてきなさい」と言われたことについて、次の幾つかのこ

とを考えてみましょう。

・レビの職業  ・主イエスに出会った場所  ・弟子としての招き  ・レビの応

3. レビが主イエスと出会ったことと、あなたが主イエスと出会ったことで同じところが

あれば、それを話してみてください。

4. パリサイ派の律法学者たちは、どのようなことで主イエスを批難しましたか(15-16)。

5. それに対する主イエスの答えを自分の言葉で説明してください(17)。

6. 主イエスの答えから、律法学者たちにはどのような問題があったことがわかりますか

7. あなたも同じ問題を持ってはいませんか。その問題をそのままにしておくと、どのよ

うなことになると思いますか。

8. 主イエスの弟子たちが受けた非難はどのようなものでしたか(18、ルカ18:12、マタイ

11:19)。

9. 断食をしなくてもよい理由を主イエスは3つの例えで説明されました。1つずつ説明し

てみてください。

・花婿と花嫁につきそう友達  ・真新しい布切れと古い着物

・新しいぶどう酒と古い革袋

10. あなたは、「新しいぶどう酒は新しい革袋に」という精神をもって信仰生活をしてい

ますか。それを具体的に話してみてください。

11. 今日学んだ御言葉から、おのおの自分が受けた恵みをもう一度整理してみてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

中風の人の癒やし~リビングストーン教会聖書勉強~

リビングストーン教会聖書勉強

6 中風の人の癒し

マルコによる福音書2:1-12

主イエスがカファルナウムを2度目に訪問されたとき、中風の人の癒された奇跡は、私たちに大切な真理を教えてくれます。どんな奇跡でも、その中には主イエス・キリストご自身を示す真理が隠されています。そうでなければ、その奇跡は、神の御旨と一致するものではありません。人の目を暗くする奇跡は人の奇跡で、人の目を明らかにして真理を示すものこそ神の奇跡です。この両者を見分ける目を持つことが大切です。

  1. 多くの人々が集まってきたとき、主イエスは彼らに何をされましたか(1-2)。
  2. 奇跡を見に集まってきた群衆に御言葉を教えられる主イエスの御姿から、私たちは何を学ぶことができますか(マタイ4:4)。
  3. あなたは、経済問題や病気の問題よりも、神の御言葉を学び悟ることのほうがさらに大切であると信じますか。信じているなら、そのことがあなたの考えと生活に具体的な影響を与えていますか。
  4. 中風の人が、主イエスの御前に来るようになったいきさつを説明してください(3-4)。
  5. ここまでの所で、一人一人が教えられたことを一つずつ話してみましょう。
  6. 主イエスは「あなたの罪は赦される」と宣言されました。この言葉は主イエスがどのようなお方であることを示していますか(9、11、ヨハネ5:14、ヤコブ5:15)。
  7. 主イエスのこの言葉に対して、律法学者は心の中でどんなことを言いましたか(6-7)。
  8. 律法学者たちが言った言葉の中で、正しいことと間違っていることは何でしょうか。
  9. 律法学者たちが誤解するようになった根本的な原因はどこにあると思いますか(ヨハネ10:30、33)。
  10. あなたは、主イエスが持っておられる罪の赦しの力と権威を確信していますか。それではどうしてその確信を持つようになりましたか。
  11. 罪の赦しの確信によって、あなたは今どんな立場にありますか(ローマ5:1-2、6:14、8:33-34)。
  12. 中風の人の奇跡は、主イエスがどのようなお方であることを教えていますか。
カテゴリー: 未分類 | タグ: , , | コメントする

らい病人の癒やし~リビングストーン教会聖書勉強~

リビングストーン教会聖書勉強

5~らい病人の癒し~

マルコによる福音書1:35-45

主イエスは、伝道活動を開始されたばかりの頃、多くの人々から歓迎されました。ユダヤでもその他の地方でも、人々は興奮して主イエスを迎えました。長い間待望していた新時代が到来したという期待感から、主イエスのもとには多くの人々が集まってきました。しかし、主イエスは群衆の求めに従っては行動されませんでした。主は誰も干渉することのできないご自分独自の原則と目的を持っておられました。主の御国は人々が望んでいたこの世の王国ではなかったからです。

  1. 主イエスはご自分の働きがうまくいけばいくほど、さらに熱心に祈られました。それはどのようなことによってわかりますか(35、マタイ14:21-23)。
  2. ここで祈りについて、一人一人がどのようなことを大事なことと考えているか、話しあってみましょう(1:32-34)。
  3. あなたは現在どのような祈りの生活をしていますか。
  4. カファルナウムの人々が主イエスを独り占めしようとしたとき、主は何と答えておられますか。その理由は何だと思いますか(37-38)。
  5. 私たちは、主イエスを必要としているほかの人たちを無視したまま、時として「私の主イエス」というようにして主イエスを独占しようとすることはありませんか。
  6. らい病人に向かって主イエスが言われた御言葉から、自分が理解し、感じることを話してみてください(41)。
  7. らい病は霊的に何を象徴していると思いますか。その理由は何でしょうか(マタイ13:13-15)。
  8. あなたは、霊的らい病の症状はありますか。
  9. 主イエスはらい病を癒された後、何と言われましたか(44)。
  10. 主イエスは、なぜらい病人に何も言わないように命じられたのでしょうか。次のことを念頭において考えてみましょう。
    ・奇跡を行うものとしてのイメージ  ・時が満ちていないこと 
    ・福音宣教の邪魔になる
  11. 今日でも、私たちが主イエスを宣べ伝えるときこのような制限が設けられていますか。
  12. らい病人に「行って自分を祭司に見せなさい」と主が言われた理由をレビ記14:1-7によって説明してください。
  13. これは、主イエスと律法との関係を理解するのに役に立ちます。マタイ5:17-18によって説明してください。
  14. 今日学んだ御言葉の中で、主イエスについてあなたが新しく発見したことは何ですか。
カテゴリー: 未分類 | タグ: , , | コメントする

主イエスの権威~リビングストーン教会聖書勉強~

リビングストーン教会聖書勉強

主イエスの権威

マルコによる福音書1:21-34

主イエスは、4人の弟子たちと共にカファルナウムで安息日を送られるようになりました。この日1日の主イエスの行動については、マルコの福音書が詳しく記しています。主イエスがどれほど休む時間もなく追いまわされるような生活を送っておられたかということがよくわかります。この時、カファルナウムの人々が主イエスから発見したものは権威ということでした。私たちの信仰生活は、主イエスの権威をどれほどよく知り、信じるかに大きく左右されます。主の権威をよく認める人は、揺れ動くことのない信仰に立つことができるのです。

  1. 主イエスは安息日に会堂で何をされましたか(21) 。
  2. 人々は何を見て驚きましたか。どうしてそんなに驚いたのでしょうか(22)。
  3. 権威及び権能について、次の人々が持っている特徴を考えてみましょう。
    ・王  ・教授  ・技術者
  4. 主イエスが持っておられる権威は、どのような面において他の人々の権威とは違うのでしょうか(マタイ21:33-41、コロサイ1:15-17)
  5. 主イエスの教えが特別な権威を持っていることは、何を意味していると思いますか(絶対に服従しなければならないと教える聖句を探してください)。
  6. 会堂で礼拝しているとき、汚れた霊に憑かれた人々が入ってきて主イエスに叫んで言いました。その汚れた霊に憑かれた人の言葉からわかる非常に重要な2つのことは何ですか(23,24)。
  7. 汚れた霊がこの2つのことを知っているということは、私たちにどのようなことを教えると思いますか。
  8. 主イエスは、教師としての権威を持っておられただけではなく、汚れた霊をも屈服させる権威を持っておられるということを何によって知ることができますか。
  9. あなたは、主イエスを信じる前には、悪魔や悪霊についてどのような考えを持っていましたか。そして今は、そのときと比べてどのような点が変わったでしょうか。
  10. 主イエスは、礼拝を終わられた後、その日の午後と夜をどのように過ごされましたか(29-34)。
  11. このとき、主イエスがなさったことを通して、主イエスが持っておられるもう一つの権威を見ることができます。それは何ですか。
  12. あなたは、主イエスがこの3つの権威を持っておられることについて、確信を持っていますか。そして、そのような確信を持っているとき、実際の生活について、どのような助けになりますか。
  13. もしもあなたが聖書の御言葉を軽視したり、悪魔を恐れたり、病気に対する大胆な心がなかったとしたら、その原因はどこにあると思いますか。
カテゴリー: 未分類 | タグ: , , | コメントする

弟子をお召しになる~リビングストーン教会聖書勉強~

リビングストーン教会聖書勉強~弟子をお召しになる~

マルコによる福音書1:14-20

主イエスは、その働きを始めるにあたって、まず弟子たちを召されました。主は、他の偉大な教師たちのように、自分の名声を聞いて集まってきた人たちの中から弟子たちを選ばれたのではありません。主は本当に謙遜な先生であって、御自分の方から弟子たちを探しにいかれました。主は私たちをご自分の弟子とされるために、天の御座を捨て、この世に降りてこられたように、弟子をご自分から率先して探されました。私たちは、ガリラヤの海辺を尋ね求めて行かれる主の御姿を仰ぎ見るとき、本当に頭の下がる思いがします。

1. 主イエスが最初に宣べ伝えられた福音の内容は何でしたか (14-15) 。

2. 「時が満ちた」ということばの意味を考えてみましょう(マタイ3:2、ガラテヤ4:4)。

※「定めの時が来た」は直訳すると「時が満ちた」です。

3. 神の国について知っていることを話してみてください。

4. どうして悔い改めなければ福音を信じることができないのですか。そして、もしも悔

い改めない信仰があるとしたらその例をあげてみましょう。

5. あなたの信仰は真実な悔い改めをその内容として持っていますか。そして、それを証

明することができますか。

6. 主イエスは、シモンとアンドレをどこで弟子として召されましたか(16)。

7. 主イエスは、山の中に入って、祈っている人々を弟子として召されないで、自分の仕

事場で働いている人々を召されました。このことから、何を学ぶことができますか。

8. 主イエスは、弟子たちを召されたとき、ご自分の方から弟子たちの所に行って召して

おられます。この事について、あなたが教えられたことはどのようなことですか。

9. 主イエスが、弟子たちを召された目的は何でしたか(17)。そして、このことは何を教

えていると思いますか(使徒言行録1:8)。

10. 4人の人々は、主イエスが弟子として召されたとき、どう応じましたか(18,20)。

11. 「(父を)残して、イエスについて行った」(1:20)という言葉は、どのようなことを意

味しているでしょうか。

12. 「(父を)残して、イエスについて行った」という意味を、それぞれの人がどのように

自分に当てはめているか話してみてください(フィリピ3:7-8)。

13. あなたは、主イエスの弟子になっていますか。一人一人「はい」か「いいえ」で答え

てください。そしてその理由を簡単に説明してください。

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , | コメントする