東京リビングストーン教会紹介

 

1.リビングストーン教会(Tokyo Living Stone Church)について

リビングストーン教会は2014年11月に、新宿区の高田馬場にて始まりました。私達の教会の名前は第一ペテロの手紙2章4節から来ています。

“この主のもとに来なさい。主は、人々からは見捨てられたのですが、神にとっては選ばれた、尊い、生きた石なのです。”

私達は4人の牧師がチームで働いています。(2人の日本人牧師、2人の韓国人牧師)

 

pastors

牧師:(左から)辻太輔(日)、金炳秀(韓)、小倉隆志(日)、尹仁重(韓国)

リビングストーン教会は東京の大久保にある112年の歴史を持つ淀橋教会のグループ教会です。淀橋教会は日本のプロテスタント教会の中で最も長い歴史と伝統を持つ教会の一つです。始まったばかりのリビングストーン教会を祈りの中で励まし、支えて下さる淀橋教会の峯野龍弘牧師先生、ならびに諸先生、聖徒の皆さんに感謝もうしあげます。


 

2.教会のビジョン(Church Vision)

リビングストーン教会のビジョンは、福音中心、キリスト中心の教会を建て上げ、東京における〝都市宣教″、〝福音の運動″を進めていく事です。そして、何よりも東京という世界的な大都市において、

  • 福音中心的(Gospel-centered)
  • 聖書的(Biblical)
  • 健康的(Healthy)

な教会を形成していくことです。

 


 

3.教会の共同体(Community)

リビングストーン教会には日本人や韓国人を始めとして様々な国から人々が集まります。私達は全ての国々が文化や歴史、言葉の違いを越えて一つになることを願っています、まさに誰でもイエス・キリストを通して神と一つにされるようにです。

私達は違う国、違う文化の中で葛藤を覚えることもあります。しかし、私達は聖なる神と罪深い人間同士を和解させた、和解の福音を持っています。ですから、私達は主の中で一つの共同体を作ろうと日々努力しています。覚えてお祈りして頂ければ幸いです。

 


主の御名によって皆さんを祝福します!

God bless you all in Jesus’ name !