塩気を保ち、和合しなさい~リビングストン教会聖書勉強

リビングストーン教会聖書勉強

塩気を保ち、和合しなさい

マルコによる福音書9:42-50

 主イエスに従って生きようと思う人は、他の人に対しても、また自分自身に対しても厳しい自己管理をする能力を備えていなければなりません。ヨハネが犯した失敗によって、主イエスはこの点をきつく教えられました。何でも自分本位に他の兄弟姉妹たちを批判したり、躓かせたりすることが、自分に対してどんなに大きな不幸をもたらすかを警告なさいました。そして、それに続いて自分自身を正しく管理できず、罪に陥るなら、取り返しのつかないことになることもあるということを悟らせてくださいました。この警告は極めて切実なものだと思います。

1. 9:42で主イエスは何について教えておられますか。その内容を詳しく話してください。
2. 他の人をつまずかせるとは、どういう意味ですか。9:38をその例として説明してください。
3. 「わたしを信じるこれらの小さな者の一人」という言葉には、深い意味があります。それぞれ思いつくままに1つずつ話してみてください(マタイ10:30-31、18:10、14)。
4. 「石臼を首に懸けられて、海に投げ込まれてしまう方がはるかによい」とは私たちにどのようなことを強く警告しているのでしょうか。
5. 一般に私たちが、教会の中で他の兄弟姉妹をつまずかせる原因は、どのようなことなのか率直に話し合ってみましょう。
6. あなたは、信仰の兄弟姉妹たちをつまずかせたことがありませんか。特に信仰生活を一生懸命している兄弟姉妹たちを気落ちさせたり、堕落させたりしたことはないかどうかを調べ、あれば悔い改めましょう。
7. 主イエスの弟子は、他の人をつまずかせてはならないだけでなく、自分自身をつまずかせてもいけません。何が自分自身をつまずかせることになるのか、9:43-47に繰り返し出てくる言葉で説明してください。
8. 罪を犯させる手や足を容赦なく取り去るほうが、地獄に行って永遠に苦しみを味わうより良いといわれた主イエスの御言葉から、あなたが感じていることを話してください。
9. あなたは罪を犯して手を切り取るような苦しみを覚えつつ、悔い改めた経験を持っていますか。あなたは自分の罪についてどのような反応を示しますか。
10. 一般的にみて、信仰を持って救われたのだという確信のために、罪を犯してもそれほど苦しんだり恐れたりしない傾向があります。これはなぜ間違いなのか、その理由を考えてみましょう(ローマ6:11-14、マタイ12:33)。
11. 主の弟子は、誰でも霊的堕落をしないように注意しなければなりません。兄弟姉妹をつまずかせる高慢と我侭を捨てなかったり、自分自身を罪の誘惑から守る節制がなければ、霊的に簡単に失敗します。どのようにしたら例的堕落を防ぐことができるか、9:49を読んで、黙想しましょう(マタイ5:13、Ⅰペトロ1:7)。
12. 今まで学んできたところから、9:50に出てくる塩は、兄弟姉妹に対して寛容で、思いやりをもって誠実に接することと、自分自身を罪の誘惑から守る敬虔さを教えていることが分かります。このようなものを、私たちの中に持って生きていれば、兄弟姉妹の中で和合できないわけがありません。どうしてこのように言えるのか、あなたの考えを話してください。
13. 教会の中では、自分が一番優れ、信仰が一番良く、自分一人ですべての奉仕をしているかのように振舞う人が時としてあります。私たちはこのような人々がどれほど主の御心と教えから外れているかということを、今日の御言葉を通して学びました。あなたはこのようなおごり高ぶった心はありませんか。静かに祈りながら自分の思いを書いてみてください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク