郷里での排斥~リビングストーン教会聖書勉強~

リビングストーン教会聖書勉強

18. 郷里での排斥

マルコによる福音書6:1-6

 主イエスは、その名声が高まり、多くの人々の支持を受けるようになると、強い反発も起こってきました。何よりもまず主に敵対したのは、ユダヤ教の宗教的指導者でした。次は、主イエスの家族たちでした。主イエスの人気が絶頂に達したとき、主に対して露骨に批判し、信じなかったのは、同じ郷里のナザレの人々でした。何よりも郷里で排斥されたことは、主イエスにとって大きなショックであったようです。今回は、主イエスがなぜ郷里で排斥されたのかということについて学びたいと思います。そして今日も私たちの周辺には、多くのナザレの人々がいるという事実を見つけることにしましょう。

1.主イエスは、郷里に行って何をされましたか(1-2)。

2.郷里の人々は、主イエスの教えを聞いてどのような反応を示しましたか(2)。

3.主イエスが排斥されたことについて、次の御言葉を参照しながら、それぞれが感じていることを話してみましょう。

・イザヤ53:3       ・ヨハネ1:11

4.郷里の人々が御自分を排斥するのをご覧になって、主イエスが言われた御言葉をそれぞれ自分で整理し、その意味を話してください(4)。

5.郷里の人々は、主イエスに対する名声を聞いて、主イエスが実に驚くべき知恵や超自然的な力を持っておら

れるということを知っていました。6:2を通して、彼らが主に対して認めたことは何であるかを整理してみてください。

6.そうであるにもかかわらず、主イエスを排斥したという事実を、あなたはどのように考えますか。主イエスに対するある事実を認めるということと、主イエスを信じるということは必ずしも一致しないということを知ることができますが、このことについて、それぞれの考えを話し合ってみましょう。

7.主イエスが排斥された直接的な理由は何でしたか。

8.結局、主イエスが郷里で排斥された理由は、次のことに要約することができます。主イエスの人性についてはよく分かっていても、神性についてはまったく分からなかったということです。次の御言葉を参照して話し合ってください。

・ヨハネ1:10      ・イザヤ53:2

9.あなたが主イエスを大事にしなかったり、心から信じていないときがあったとしたら、どうしてそのようなことがあったのかということを、ナザレの人々と比較しながら話し合ってみましょう。

10.不信は何を妨げるようになりますか(5、マルコ9:23)

11.あなたの場合、信仰がないためにそれを得ることができないでいるものがあるとは思いませんか。

12.人々が主を信じず排斥するとき、主イエスはどんな胸中であったと思いますか(6)。

13.主イエスが語られたり、なさったりしたことを見ながら主を信じないとしたら、その人は神をも理解できない不幸な人となってしまいます。そしてその人自身にとって取り返しのつかない悲劇となってしまいます。マタイ11:20-24を開いて、この事をもう一度確認し、あなたの周りにそういう人がいるなら今ともに祈ってあげることにしましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク