湖をしずめられるイエス~リビングストーン教会聖書勉強~

リビングストーン教会聖書勉強

14.湖を静められた主イエス

マルコによる福音書4:35-41

主イエスは、優れた教師であられると同時に、権威を持っておられる方です。4つのたとえを持って天国の奥義について教えられた主は、今度は4つの奇跡を通してご自分の力と権威を示しておられます。自然界を支配される力、悪霊を屈服される力、病気を治される力、そして死人を生き返らせる力をもって、ご自分が世の救い主であられることを証ししておられます。今回は、自然界を支配される造り主としての主イエスの権威と力について学びたいと思います。

1. 一日中、群衆と弟子たちを教えられた主は、大変疲れを覚えられました。そこで、日が沈むと、どこへ行くように命じられましたか(35-36)。

2. 主イエスが、疲れを覚え、船のとものほうで眠っておられるのを見て、あなたはどのように感じましたか。

3. 湖の中で突然起こったことは、何でしたか(37)。

4. 神の御子であり、造り主でもあられる主イエスを乗せた船が、突風に出会ったという出来事から、どのようなことを教えられますか。

5. 私たちの信仰生活というのは、いつもすべてのことがうまくいくということを保証するものではありません。信仰生活が順調であったり、特に罪を犯したわけではなくても、大きな試練に出会うこともあります。このことについて、あなたはどう思いますか(1コリント7:13-14)。

6. 突風が起こったとき、弟子たちはどうしましたか(38)。

7. 弟子たちが主イエスを起こしながら言った言葉には、どのような意味と感情が込められていると思いますか。

8. あなたは、これと似たような不満を主イエスに言ったことはありませんか。もしもあったならば、どういう場合だったか言ってみましょう。

9. 眠りから覚めて、起き上がられた主イエスは、まず何をされましたか(39)。

10. これは、私たちにどのような真理を教えてくれますか。

11. その後、主イエスは誰を叱りつけられましたか。叱りつけるとどうなりましたか(40)。

12. 弟子たちの信仰はどのような点で問題だったのでしょうか。

13. 弟子たちが、正しい健全な信仰を持っていたとしたら、突風が起こったとき、どうするべきだったでしょうか。そしてあなたは、人生という船に乗っている間、そのようにする信仰をもっていますか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク