主イエスとその家族~リビングストーン教会聖書勉強~

リビングストーン教会聖書勉強

10 主イエスとその家族

マルコによる福音書3:20-35

主イエスがこの世で働きをしておられる間、主を理解した人はどれくらいいたでしょうか。主の肉親でさえも理解してくれていなかったようですから、主は孤独であられただろうと思います。主の名声が高まり、多くの人々が主に従ってきても、主イエスの肉親は、どうも最後まで冷ややかであったようです。それだけでなく、主のことをまともな人としては見ていなかったようです。今日でも、神の働きのために献身する人は、主が味わわれたのと同じような孤独を経験することがしばしばあります。ある意味では、この孤独を知る事なしに、神に従う人生を歩む事はできないともいえるでしょう。

  1. 神の御心にしたがって生きて行く人には、ほとんど余暇というものがありません。遊びながら主の働きをする事はできないのです。どのようなところからそのことがわかりますか(20)。
  2. 律法学者たちは、主イエスをどのように非難しましたか。それはどのようなことを意味していますか(22)。
  3. 主イエスは、彼らの非難に対して4つのたとえで反論しておられます。そのなかの3つのたとえを説明してください(24-26)。
  4. これらのたとえで教えておられる要点は何でしょうか。
  5. 教会と家庭にこの御言葉の原理を説明するとき、私たちが学ばなければならない真理は何でしょうか(ヨハネ17:11、エフェソ4:3、5:21)。
  6. 主イエスが4番目に取り上げられたたとえは何ですか。それは、何を教えていますか(27)。
  7. 神の子とされた私たちに、この原理を適用したらどうなりますか(ヨハネ10:28-29、Ⅰヨハネ5:18)。
  8. 律法学者たちの立場を念頭において、聖書を汚す罪が何であるか考えてみてください(29,30)。
  9. 私たちがこのような罪に陥る危険性はありませんか。
  10. 主イエスの家族は、主に対して何をしようとしましたか(21,31)
  11. 主イエスの家族は、どのような点で主の行動が理解できなかったのでしょうか。
    ・家庭と職業    ・主の爆発的な人気    ・ユダヤ教当局者との摩擦
  12. あなたの周りに、主の働きのために献身している人がいますか。あなたは、最初その人をどのように見ていましたか。
  13. 3:34-35をそれぞれ自分の言葉で説明してみてください。
  14. あなたは主の兄弟・姉妹ですか。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク