キリスト教とは何か?2~東京リビングストーン教会Beloved1-2~

東京リビングストーン教会Beloved1-2

~キリスト教は本当か?~

私は大学4年の時にイエス様を信じてクリスチャンになりました。イエス・キリストを信じる事、聖書を信じる事は、日本人である自分にとってこれはなかなか難しいことでした。皆さんもそうかもしれません。多くの日本人は聖書って何だろう、そしてキリストって誰だろうと考えながら、自分も含めて大体3つの印象を持っているなあと気付きました。

1退屈で面白くないんじゃないかな?
2作り話で真実ではないんじゃないかな?
3昔のことだから自分とは無関係では?

例えば、一週間は何日でしょうか?もちろん7日です。これは一週間は6日間働いて、7日目に休むという習慣が今まで続けられてきたのです。これは何が由来なんでしょうか?聖書です。聖書の最初の巻は創世記です。この一章に神が6日間で天と地と人間を創造し、そして7日目に休まれたと書いてあります。これが人間生活の基本サイクルになりました。世界中の人々がこの聖書の創世記1章の生活サイクルに従って生活しています。
また、今は何年でしょうか?2017年です。この基準は何ですか?それは、聖書の主人公であるイエス・キリストが生まれて2017年目である、という意味です。イエス・キリストが生まれる前の時代を紀元前BCと呼びます。これは、Before Christつまりキリスト以前という意味です。そして、イエス・キリストが生まれた後の時代をAnno Dominiこれはラテン語でキリストの時代という意味です。

このようにして、イエス・キリストが世界の歴史の基準となっています。当然、私達もこのような習慣の中で生きているんです。

ゴスペルも元々の言葉の由来は『God spell』、つまり神がスペルしたもの、即ち聖書に記されている神の言葉を意味するんです。なぜ、2000年にも渡って聖書がこれほど多くの人々に読み継がれているんでしょうか?日本という国は、仏教と神道の国であると言われています。多くの人々は、自分は聖書と関係がないんじゃないか?また、イエス・キリストとは無関係ではないかと考えていると思います。私も以前はそうだと思っていました。しかし、この日本でも私達は聖書の影響を受けないでは済まされません。

カテゴリー: 未分類 タグ: , , パーマリンク